プロフィール

  • Hakinakina

    http://hakinakina.jp

    スポーツを通じて多くの人々に健康と
    喜びを与えることをミッションとして
    活動しています。

    スポーツ技術向上やボディケアなどを
    目的とするパーソナルトレーニング指導や、乳幼児向けの運動教室講師等をしております。

    スポーツに携わる人々をサポートする為のサービスとして、Webページ制作やweb戦略の為のご支援、ビジネス拡大の為のコンサルティング等も提供しております。

トレーニング勉強会

2011.09.28

一撃 セミナー最終日

7月から毎月1回の計3回で開催されておりました、フィットネスクラブ一撃でのセミナーが、先日の日曜日に最終日を迎え、参加をしてきました。

リコンディショニングとプレハビリテーションをメインテーマに開催されたこのセミナー、とても勉強になることが多くありました。

最終日は実際に一撃さんで行われているアセスメントとそれに対応するエクササイズ種目を勉強し、最後はペアとなってお互いのフィジカルアセスメントを行い、エクササイズ種目を作成するというところまでを行いました。

さらに今回はセミナー最終回ということもあって、終了後に懇親会を行いました。

懇親会でも様々なお話をすることができ、また一撃さんの今後の野望なども伺うことができ、楽しいひと時を過ごさせていただきました。

Photo

懇親会参加者で記念撮影!
一番下の方が一撃のマネージャー湯本さん、その上にいらっしゃる白いポロシャツを着た方が今回のセミナーで講師を務められた野口さんです。

2011.09.26

モナリザエクササイズ

一昨日の土曜日、大森のとあるスタジオでモナリザエクササイズを体験・勉強してきました。

コナミ府中店でインストラクターをしている長嶋さんが、10月よりモナリザエクササイズのインストラクターとしてデビューをすることになり、今回はデビュー前のデモレッスンということで、参加をさせていただきました。

モナリザエクササイズと長島さんの雰囲気もばっちり合っていましたし、とても素敵なスタジオプログラムでしたshine

モナリザエクササイズというのは、日ごろからお世話になっているフィットネスインストラクターの大先輩である佐藤一美先生が開発をされたスタジオプログラムです。

リンパの流れを促進して身体を浄化、インナーマッスルを鍛えて内分泌代謝をアップさせることを目的に開発されたプログラムで、激しい動きなどもほとんどないため、どなたでも受けていただくことができる内容です。

すごーく気持ちよくなり、また普段あまり伸ばすことができない筋肉もストレッチをすることができました。

長島さんのモナリザエクササイズは、こちらの施設で受けることができます。
お近くの方、ぜひ体験してみてください。

2011.08.28

NESTA サマーセッション

昨日と今日の2日間で、私が所属するパーソナルトレーナー認定団体、全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会(NESTA)が主催する年に一度の大イベント、「2011 summer session」が開催され、私も2日間受講をしてきました。

様々な講師の方々のお話を拝聴することができ、とても勉強になりました。
また、それと同時に売れっ子トレーナーの先輩方ほど、勉強をされておられ、そしてまた常にアンテナを張って最新の情報を収集されています。

今回は2日間で6セッション、5名の講師の方々より学ばせていただくことができました。

そんな中でも、本日受講をしました、小林邦之先生のセッションは大変興味深く、そしてまたとても勉強になりました。

そんなわけで、今年の6月に発売された小林先生の書籍もご紹介させていただきます。

今日小林先生がセミナーでお話された内容は「バンデージ・メソッド」と「アシストトレーニング」の2本でした。

どちらも明日から使えるネタもあって、とても参考になりました。
また、小林先生のワークショップなどにも参加してみたいと思います。

2011.08.24

杏林予防医学研究所 東京セミナー

今日、山田式ファスティングでおなじみ山田豊文先生の東京特別講演が大井町にありますきゅりあんで開催され、受講をしてまいりました。

本日の講演テーマは「ストレスにも・放射能にも負けない9つの魔法」でした。

山田先生の講演は今回で2回目の受講となりましたが、前回よりもさらにエネルギッシュな講演でした(^-^;

本当に色々な現状の問題点にスポットを当て、それを予防医学という見地から解説をしてくださいました。
以前からトランス脂肪酸や牛乳の摂取に関する問題を指摘されてきましたが、今回はテーマにもあります通り、原発事故に伴う放射性物質とその人体への影響に関してのお話に、多くの時間を割かれていました。

人体の中で特に細胞の活性化(細胞分裂)がめまぐるしく行われている胎児(妊婦さん)や乳幼児への影響は間違いなく起こるという指摘、そしてそれに対処すべき栄養指導や生活スタイルの見直し・改善など、様々な対処方法にまで言及されていました。

原発問題は、過去の公害問題や日本をダメにした現在の医療同様、官・産・政・学が様々なしがらみによって作り出された妄想と虚偽による、ある種国民を洗脳した結果であるということがよくわかりました。

結局は、原発によって莫大な儲けを得る大企業があり、そこからの献金によって潤う大学の学者(俗に言う専門家)、そしてその自称専門家に振り回される政治家と官僚という構図が、過去もそして今も続いているということです。

今回のセミナーでお話をしていただいた内容がギューっとつまった書籍が会場内で販売されていました。

さっそく自分用と、日ごろからお世話になっており、一緒に乳幼児指導の仕事をしているkyoko先生にプレゼントする用で、2冊購入して帰ってきました。

2011.08.22

フィットネスクラブ一撃 セミナー

フィットネスクラブ一撃で開催されております、リコンディショニングとプレハビリテーションを中心としたトレーニングセミナーに、昨日参加してまいりました。

7月31日に第一回目が開催され、今回が二回目。
コナミで仲良くさせていただいているインストラクターの加藤あいさんからの紹介で、こちらのセミナーを受講することになりました。

リコンディショニングという言葉は聞きなれない方も多いかと思いますが、簡単に言えば低下した機能を取り戻し、体調を改善することです。

特に肩こりや腰痛などの症状を訴える方は多いと思います。こうした原因は筋力低下や姿勢不良によって筋バランスやアライメントの崩れにあります。
これを、ストレッチやエクササイズによって症状を取り除き、さらに再発をしないよう処置をするためのトレーニングを実施することで、体調を改善していきます。

また、プレハビリテーションとは、上記のような機能低下が起きないように予め予防をするためにトレーニングをすることを言います。

どちらも、パーソナルトレーナーにとっては大変重要な分野となってきています。
講義内容の多くがすでに一度勉強をしていて復習的な要素が高くなっていますが、新たなトレーニングメソッドを教えていただいたりと、とてもためになることも多くあります。

次回は9月25日の予定です。

2011.04.01

トレーニング勉強会&秘密の・・

昨日は、恒例となりつつある二人の師匠宮川さん・木内さんとのトレーニング勉強会に参加してきました。

ウォーミングアップにミニハードルを使ったトレーニングで前回の復習をしました。

その後、宮川さんのジャンプ系トレーニングとスクワット講習会。

スクワットに関しては、膝抜きスクワットという一風変わったトレーニングを習いました。早く動くためのコツということなんだそうで、とても勉強になりました。
こちらは私なりにもう少し研究をし、自分のメソッドとしても取り入れていきたいなぁと思っています。

木内さんのスクワットにも共通するのですが、スクワットってホントに重心移動の練習に良いですね。
野球やゴルフなどのパフォーマンス向上にも、このスクワットは大いに役立ちます。

その後ランチ休憩をはさんで、ウェイトサーキットトレーニング。
これは木内さんによる指導、、これがかなりきつい!
そして汗だく。。

それと休憩の間に宮川さんによる水泳の陸上トレーニングを少し教えていただきました。
宮川さんは学生時代競泳の選手としてならしたので、「水泳のことならお任せ!」なのです。
バランスボールの上にのってストリームラインを作る動きを教えていただきました。
私も小学生のころはスイミングスクールに通ってましたが、こうした動きは教えてもらったこともなく、、クロールの概念がこのトレーニングでガラっと変わりました。
始めて正しいクロールの泳ぎ方を教えていただいた感じです。
いますぐにでもプールに行きたい気持でいっぱいでした。
そしてこのストリームライントレーニング、水泳のスキルアップに関係なく、コアトレとしてもすごく使えそうで、これまた素晴らしいメソッドを教えていただきましたrock

それと、ランチ休憩中に今後のビジネスなどについて秘密の会談secret
詳しくはまだ言えませんが、いよいよスーパートレーナー木内さんの新たなる挑戦が始まる予感です。
弟子として、チームの一員としてしっかりとサポートしていきたいと思います。

新しいことにチャレンジするって、気持が前向きになって本当に良いですねscissors

2011.03.23

ベーシックトレーニング 其の三

今日は、恒例になりつつあるベーシックトレーニング勉強会をしてきました。
これで三回目となります。

ウォーミングアップで10分ほどバイクをこぎ、それから下記のトレーニングを行いました。
まずは「サイドレイズ
これは第一回から行っているので復習。
少しずつですが様になってきました。

次は「ショルダープレス
サイドレイズと同じニュートラルポジションから肘を屈曲させるだけでスタートポジションとなります。今まで何気なくやっていたショルダープレスでしたが、ダンベルやバーベルを「上げるのではなく遠ざけていくと勝手に上がる」という部分が本当に難しい。
どうしても僧帽筋を使ってしまいがちですね。

そして「アームカール
あえて、上腕二頭筋だけを動員して行うのですが、どうにも力みが入ってしまいますね。
僧帽筋のみならず、前腕(バーベルを握ってしまう、、)にまで力みが生じてしまいました。
アームカールのスタートポジションで、手を回内すると小指側が体の方を向きますが、それだけで二頭筋が収縮します。
薬指・小指からの始動の重要性がここでも発揮されますね。

下半身のトレーニングとして
ヒールエレベーションスクワット」をベースに様々なアレンジを加えたボディウェイトでのスクワットを行いました。
スクワットひとつとっても様々なトレーニングができるのですが、このスクワットは子供からご年配まで共通して必要なトレーニングの一つであると感じています。
結構きついと感じる方が多いと思いますので避けられがちなトレーニング種目ですが、これをどうやって前向きに取り組んでもらえるかというところが、パーソナルトレーナーとしての能力を問われるところかもしれませんね。

今日一番の収穫は、アームカールのトレーニングから学んだこととして、様々な腕の動きの中で、親指側の始動になると力みが生まれ、小指側の始動では力みが生まれにくいというところです。
腕を使うスポーツはたくさんあると思いますが、このポイントも様々なスポーツスキルの向上につながると実感しましたhappy02

それからスクワットの中で、ウェイトシフトの重要なポイントになりそうなヒントをつかむことができました。
こちらはまだもう少し研究する必要がありそうですので、また別の機会にお話をしたいと思います。

2011.03.20

SAQトレーニング勉強会

先日、私の二人の師匠である宮川さん、木内さんと一緒にSAQトレーニングの勉強会を行いました。
今回の講師役は、宮川さんです。
Sn3k0108

宮川さんは数々のラグビー・アメフトチームでフィジカルコーチを歴任されるなど、フィジカルトレーニングのプロフェッショナルです。

今日は私とともに教わる側にまわり、悪戦苦闘中(?)の木内さんもご紹介しておきます。
Sn3k0107

木内さんはパーソナルトレーナーとして多くのクライアントを抱えていらっしゃいますが、こうして他の方の指導を受けられることにも積極的で、様々な知識や技術を吸収しては、自身の指導にも役立てられています。

今回は、ラダーとマイクロハードルを使用したベーシックトレーニングを宮川さんに教えていただきました。
とても楽しく、そして大変勉強になる1日となりました。

2011.03.10

ベーシックトレーニング 其の二

昨日、二人の師匠のうちの一人宮川トレーナーに、ベーシックトレーニングを教えていただく講習会の第二回目を開催していただきました。

第一回目の報告はこちらです。

今回は少し時間も少なかったため、
一回目に行った「サイドレイズ」の復習と、新たにデッドリフトをメインに行い、プラスアルファでイージーチンディップマシンを使ってのトレーニングを行いました。

デッドリフトは、stiff leggedで行い、ハムストリングと臀部を集中的に鍛えます。
このとき上半身は肩甲骨の内外転が伴い、結果としてサイドレイズが引く運動、デッドリフトが押す運動という概念を宮川コーチが打ち出して教えてくださいました。

これは大変興味深いですよねflair

サイドレイズといえば、三角筋のトレーニング、デッドリフトは脚の後ろ側のトレーニングで、もちろん筋力としてはその部分を鍛えるのですが、それ以外にも肩甲骨の動きを意識的に行うことで、様々なスポーツの動きのトレーニングにもつながるのです。

私もそうなんですが、腕の上下動にどうしても僧帽筋を必要以上に働かせてしまう癖があるのですが、ほぼすべての競技において、この僧帽筋を働かせることは、プラスよりもマイナスに作用することが多いと思います。

肩甲骨を上手に動かし、僧帽筋を働かせない動きができてくると、スイング系スポーツや投球動作などに対して、とても良い効果がもたらされると思いますup

2011.03.02

ベーシックトレーニング

今日は、私がパーソナルトレーナーになるきっかけを与えてくださった、大先輩にして師匠の宮川トレーナーに、改めてベーシックトレーニングを教えていただきました。

宮川トレーナーは、この道30年のベテランです。
以前はラグビーやアメフトなどでトレーナーとして活躍をされており、今は実業団のバドミントン部でフィットネスコーチをされていらっしゃいます。

今日の種目は
・サイドレイズ
・ダンベルフライ
・ワンハンドローイング
・ラットプルダウン
・スクワット

と少なかったのですが、2時間半ほどみっちりと教えていただきました。
途中なんども脱線というか、別の要素の話なども混じりながらhappy01

ストレングスのトレーニング種目1つとっても、色々な考え方があることを、今日改めて学びました。
私の場合は特に、すべての動きの中で僧帽筋を無駄に働かせてしまう癖があります。これは筋力トレーニングとしては代償動作となってしまい、「意図する筋肉に対してのトレーニング効果を弱めてしまう」という問題になります。
またそれだけではなく、野球やゴルフなどのパフォーマンス低下に直結してしまいます。

筋力トレーニングとは、ただ筋力アップのために行うだけではなく、必要な筋肉を適切に働かせ、不要な筋肉は極力働かせないという、体操作力を養うことにもつながることを、今日改めて実感しました。

むしろ、球技などのパフォーマンス向上においては、体操作力の向上を目的として筋力トレーニングを取り入れていけば良いのではないかと思います。

これからゴルファーのためのパフォーマンス向上トレーニングをメインに指導していくのですが、今日はすごく良い発見がありました!

ぜひとも、今日のトレーニングを自宅でも研究しながら、自分のものにしていきたいと思います。