プロフィール

  • Hakinakina

    http://hakinakina.jp

    スポーツを通じて多くの人々に健康と
    喜びを与えることをミッションとして
    活動しています。

    スポーツ技術向上やボディケアなどを
    目的とするパーソナルトレーニング指導や、乳幼児向けの運動教室講師等をしております。

    スポーツに携わる人々をサポートする為のサービスとして、Webページ制作やweb戦略の為のご支援、ビジネス拡大の為のコンサルティング等も提供しております。

« 見学会&無料体験会スタート | トップページ | 新スポーツクラブ、オープンいたしました! »

2011.04.10

バックスイングにおける体操作

様々なスポーツの動作同様、ゴルフスイングは、回旋を伴う運動です。

しかし、そのことが多くのゴルファーを誤った認識に導いてしまっているような気がしています。
そこでゴルフスイングの運動メカニズムを自分なりの解釈に基づき、ひも解いていきたいと思います。
今日はゴルフのバックスイングに関する動きについてです。

バックスイングとは飛球線上の後方にクラブを振り上げ、ボールに最大限の力を与える前の準備動作となります。
ここで間違えてはいけないポイントは、バックスイングの”バック”は自身の体からみてのバック(つまり背中)ではなく、飛球線上から見てのバック(後方)であることです。

プロのスイング(特に体の柔らかい女子プロ)を参考にしながら自身でスイングを作り上げた方に多く見られますが、グリップを後頭部の方まで回しあげる必要はまったくありません。
プロは十分な筋力と柔軟性があるため、結果的にそうなっているだけですが、その形だけを真似たスイングにしますと、筋力や柔軟性が伴っていないにもかかわらず無理に体をねじり上げてしまうため、結果として十分なトップが築けないということになってしまいます。

「バックスイングでは肩や腰をしっかりとねじる(捻る)」ということがよく雑誌や本に書かれていると思います。
間違いではないのかもしれませんが、それはあくまで結果論であって実際には、体をまわす動きを意識して行わない方が逆に良い結果を生むと考えています。

では、実際に私が考える正しいバックスイングの動きとはどういうものか。

次回のブログではこの動きを紹介していきたいと思います。

« 見学会&無料体験会スタート | トップページ | 新スポーツクラブ、オープンいたしました! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1472434/39555604

この記事へのトラックバック一覧です: バックスイングにおける体操作:

« 見学会&無料体験会スタート | トップページ | 新スポーツクラブ、オープンいたしました! »