プロフィール

  • Hakinakina

    http://hakinakina.jp

    スポーツを通じて多くの人々に健康と
    喜びを与えることをミッションとして
    活動しています。

    スポーツ技術向上やボディケアなどを
    目的とするパーソナルトレーニング指導や、乳幼児向けの運動教室講師等をしております。

    スポーツに携わる人々をサポートする為のサービスとして、Webページ制作やweb戦略の為のご支援、ビジネス拡大の為のコンサルティング等も提供しております。

« SAQトレーニング勉強会 | トップページ | ベーシックトレーニング 其の三 »

2011.03.21

ちょっと気になる記事・・

おそらく日本で一番有名かつ売れているフィットネス雑誌を読んでいて、ちょっと気になる記事がありました。

サッカーセリエAのインテルで活躍する長友選手が表紙の号ですが、その中で低血糖とダイエットに関する記事がありました。
それ自体は良いと思うのですが、「そばよりもステーキを食べたほうが太らない」ということが書かれていました。

たしかに血糖値だけで見ればそうですが、そこには脂質のことがほとんど触れれていませんでした。
脂質に関してはほんの一文、「基礎代謝で消費されるのは体脂肪なので問題なし」ということでした。
これって本当に正しいでしょうかsign02

「一般的な方が一度に食する量で考えた場合、そばよりもステーキの方が含まれる糖質が少ない」ということは正しいです。
しかしそれがイコール、ダイエットにはそばよりステーキが良いというのはちょっと解せません。

たしかに、基礎代謝のベースとなる有酸素系の運動においては、脂肪がエネルギー源となります。しかし、糖質も体内で分解された後、使われなかった余剰分は脂肪細胞に脂肪として蓄えられるのです。

また1日に摂取すべき脂質はおよそ50g~60gです。
食文化が欧米化している今日の日本では、脂質の摂取量が極端に上がっており、是が非でも脂質の摂取量は減らすべきではないでしょうか。

丼物やうどん・そばなどの炭水化物ばかりを摂取している方であれば、「そばよりもステーキ」は理解できますが、一般の方に対してそれは理屈として通っていないのではないかと感じました。

運動量が極端に減っている現代社会においては、糖質以上に脂質過多による影響の方がはるかに大きいと思います。

結局のところ、偏った方法(マイクロダイエット、 ローカーボダイエット、ローファットダイエットなど)は、対象の過多の生活習慣に寄るところが大きく左右します。

ここからは私の持論ですが、本当のダイエットとは、生活スタイルの改善なくしては成しえません。
適度な運動、おいしくそしてバランスのとれた食事、良質な睡眠、これが揃ってこそ初めてダイエットは成功するのです。

ダイエットを成功させたい方は、有酸素系の運動、筋トレ、食事の改善など、ぜひ自身の生活スタイルを見直してみてください。

« SAQトレーニング勉強会 | トップページ | ベーシックトレーニング 其の三 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1472434/39313084

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと気になる記事・・:

« SAQトレーニング勉強会 | トップページ | ベーシックトレーニング 其の三 »